投資家の間でも利回りの高さが評判|みんなで大家さんを始めてみよう

資金計画が狂わない

メンズ

安心して経営が可能

管理会社に委託して不動産の経営を行うときに家賃保証を付帯できることがあります。大別すると滞納保証と空室保証の二種類がありますが、両方に共通しているのは家賃収入が計画通りになりやすいことです。滞納保証の場合には借主が保証会社に保証料を支払う形で成立し、家賃の滞納があったときに保証会社が借主の代わりに貸主に家賃を一時的に払ってくれます。一方、空室保証は貸主が保証料を支払うことによって空室があったときに家賃に相当する金額の一部を保証会社から払ってもらうことができるものです。このような家賃保証を利用しておくと、概ね収入額が計画通りになるため、安心して経営を行うことができます。家賃保証を利用して得られるメリットとして特に重要なのが資金計画に狂いが生じにくいということです。不動産投資では計画性が欠かせないものであり、ローンを組んだり、修繕計画を立てたりすることで長期的に行っていかなければなりません。ローンの返済のための資金が不足してしまったり、予定していた通りに修繕のための資金を積み立てられなくなってしまったりすると経営が困難になるリスクがあります。しかし、家賃保証があれば大きく資金計画を変えなければならないような事態は回避できるでしょう。動かす金額が大きい投資だからこそ家賃保証を利用しておくのが安全策です。不動産投資をした結果として自己資金にあまり余裕がなくなっているときほど利用価値が高いでしょう。