投資家の間でも利回りの高さが評判|みんなで大家さんを始めてみよう

最近の賃貸業界の特徴

模型

連帯保証人にないメリット

かつては部屋を借りる時に連帯保証人が必要だったのです。なぜかというと入居者が家賃を滞納したり夜逃げした時に、連帯保証人がいれば請求できるからです。しかし最近の不動産業界では、連帯保証人の代わりに賃貸保証会社を利用するケースが増えています。なぜ賃貸保証会社にするかというと、最近の入居者の中には少子化や核家族化の影響で連帯保証人になってくれる人がいないケースが多いからです。昔は親戚などになってもらったのですが、付き合いが浅くなっているので保証人になってくれないのです。そのため借りやすくするために、賃貸保証会社が連帯保証人の代わりになるわけです。不動産会社にとっては賃貸保証会社の方が都合が良い面があります。例えば家賃滞納の場合、賃貸保証会社がすぐに滞納分の家賃を支払ってくれます。連帯保証人の場合は保証人本人に連帯分を請求することになります。しかし保証人の多くは請求を無視したり拒んだりします。ひどい場合は訴訟になることもあります。このようなリスクを減らせるのが、賃貸保証会社なのです。入居者が賃貸保証会社を利用する場合、審査が行われます。ちゃんと家賃を支払えるだけの安定した収入があるかどうか、以前に家賃滞納や借金返済でトラブルを起こしたことがないかどうかを調べるのです。もし収入が不安定だったり、トラブル事例がある場合は賃貸保証会社を利用できないのです。このため、安心できる入居者だけに部屋を貸すことができるというメリットがあります。